英会話を習得するには、英語を言葉として学ぶのが近道。

英会話を習得する最大のコツは、英語を言葉として学ぶことです。

日本人は、英語を学校の勉強の一つとして学び始めます。

英語も、数学や理科と同じで、科目の一つだと思っています。

最近の子供達は、小学生の時から、遊びで英語に触れる機会もありますが、

大人の世代では、英語は勉強でした。

でも英語は本来、言葉なんです。

どんな言語でもそうですが、会話(話し言葉)が先で、読み書きは後です。

*プログラミング言語は別ですが。

私たち日本人が、日本語を習得した時のことを考えてみましょう。

まず、赤ちゃんは両親や家族の言葉を聞いて習得します。

いきなり読み書きができる赤ちゃんなんていませんよね?

どんな天才児でも、会話が先なはず。

でも英語を勉強として始めた人は、そんな無謀なこと(読み書きから先)を当たり前にやっているわけですw

自然な流れに逆らっているわけです。

そうなると、英語を無理やり日本語にこじつけて覚えるしかありません。

文法やテスト問題は、何とか解けるでしょうが、

英会話のように、臨機応変に言葉としての英語がスラスラ出てくるかと言うと・・・

よほど優秀な人なら別ですが、普通の人では無理です。

応用もききません。

だから英会話は、学問ではなく、言葉として学ぶべきなんです。

英語のフレーズをひたすらたくさん覚え、英語で考える。

あとは単語を変えるだけで、応用できるようになります。

一見、遠回りのようで、実は近道なんです。

ここまでくると、学校の英語の成績なんて、飛躍的にアップします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。