英語は英会話で学んだ方が上達が早い。

英語英会話として学んだ方が、

上達が早い人が多いようです。

学校の英語教育は、言語的IQの高い人には適していますが、

普通以下の人には、必ずしも向かないことが知られてきています。

学生時代、英語の授業が楽しい、それほど努力しなくても成績が良かった人は、

言語的IQの高い人だと思われます。

しかしこういう人は、ごく一部の学生だけです。

それに対し、英語の授業がつまらなかった、努力して勉強しても、

なかなか成績が良くならなかった人のほうが多かったでしょう。

そういう普通の人こそ、英会話から英語を始めるべきなのです。

ちょっと考えると分かりますが、

日本の学校教育を作っている人は、文部科学省の超エリートたちです。

彼らは東大などの有名大学卒がほとんどです。

ということは、元々、言語的IQの高い人達だと想像できます。

優秀な彼らが作った日本の英語教育が、

多くの普通の日本人には向かないのは当然と言えば当然ですよね。

頭の良い人は、「自分が分かったんだから、他の人も分かるはず」
と考えてしまいがちです。

また、英語に限らず語学を学ぶには、
その国の恋人を作るのが早道だということは、昔から言われています。

恋人がいるとコミュニケーションとして会話が必須になるので、

どんどん上達するわけです。

これが外国語は会話から学んだ方が、上達が早いということを裏付ける理由です。

せめて外国の友人は欲しいところです。

できるだけお金をかけずに、しかも手っ取り早いのは、

英語のドラマや歌を繰り返し聞くことでしょうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。