なぜあなたは英語が苦手なのか?

中学生の時は英語が得意科目だったのに、高校生になったとたんに、英語が苦手になる人は多いです。

中学校で習う英単語は、1年生~3年生までの間に、約1,000語だと言われています。

その中には、外来語として、日常生活でも使われているものも多いです。

したがって、実際に中学生が新しく覚えなくてはならない英単語は、約1,000語より少なくなります。

スペルや正しい発音はわからなくても、一度は聞いたことがあり、何となく意味を知っている英単語が、たくさんあります。

スペルも短いし、数回繰り返すと、大体覚えられます。

中学生レベルの英語なら、書けなくても、何とか読めて、理解できる人は多いのではないでしょうか?

ところが英語は、高校生になると、突然難しくなります。

まず、覚えなければならない英単語が、一気に増えます。初めて聞く言葉も多いです。

しかも英文が長くなるし、英文法も難しくなります。

また、高校生になると、数学や国語など、他の教科も難しくなるので、英語だけに時間を使うことができません。

英単語を必死に覚えようとしても、発音記号がわからず、読むことができません。

読めないと、覚えられないので、悪循環になります。

そして、「私は英語に向いていない」と思い込み、英語が苦手になるのです。

英語が苦手な理由をまとめると、以下のものが考えられます。

・英単語を覚えられない
・発音の仕方がわからない
・発音記号が読めない
・英文法がわからない
・英会話が聞き取れない

逆に、これらの問題点を、一つ一つ解決していけば、英語が得意になると言えます。

この講座では、主に学生時代に英語の学習で一度は挫折を経験した人が、社会人になって再挑戦する時に、挫折しないコツについて書きたいと考えています。

もちろん、現役の学生で、英語が苦手な人にも、参考になることがきっとあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。